失われた永遠狼たちの休息 10101【電子書籍】[ ビバリー・バートン ]

   

テッサは、かつて誘拐事件に巻き込まれて記憶を失い、顔を整形したうえに大富豪の娘として育てられた。

それから十七年がたったとき、十六歳になったテッサの愛娘が突然家出をするという事件が起きる。

調査会社ダンディー・エージェンシーに捜査を依頼し、派遣されてきた調査員ダンテをひと目見てテッサははっとした。

なぜだかわからないけれど、彼のことを前から知っている気がする。

そして、自分でも覚えのない熱い気持ちが込み上げるけれど……。

だが茫然と彼を見つめるテッサは知るよしもなかったダンテも彼女と同じ思いにとらわれていることを。

ハーレクイン・スポットライト・プラス・エクストラでは、大人気の作家たちの長編作品を主にお届けしていきます。

今月のビバリー・バートンの好評ミニシリーズ『狼たちの休息』は、スポットライト・プラスとともに来月以降も3カ月連続で刊行予定いたします。

画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。

※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。

※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。

※このページからは注文できません。

  • 商品価格:864円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)